うめぢるフォトスポレポート

日本のど真ん中、東海地方を中心に珍スポット、パワースポット、フォトスポット、レトロスポット等を回って、一眼レフで撮ってきた写真と共に紹介するブログだよ!

【京都市伏見区】伏見稲荷大社

伏見区にある京都の超メジャースポット「伏見稲荷大社」。いつ行っても人がごった返している人気の神社だが、昼と夜ではまるで雰囲気が異なる。夜は真っ暗で何も見えず心霊スポット状態だが、新年の数日間はライトアップされていて幻想的な夜の光景が楽しめる。昼に比べて人もいないしね。
ちなみにここは、全国に約3万社あると言われる稲荷神社の総本宮だ。五穀豊穣を意味する、稲が成るという言葉から、→稲成る→稲成り→稲荷。これが由来らしい。他にも近年では商売繁昌、家内安全、芸能上達の神社としても知られている。が、やはりここは『千本鳥居』があまりにも有名。神社の裏手の山を登っていく約4キロに渡る坂道には、真っ赤な鳥居がずらずらとトンネルの様に山頂まで続いている。千本鳥居といいつつも実際には一万本もあるらしい。鮮やかな朱色が映えるその様は圧巻だが、歩ききるのもやはり大変だ。途中で引き返せるポイントもあるので山頂まで行かなくても大丈夫。ちなみに筆者はしこたま京都の写真を撮りに撮りまくって予備バッテリー使いきった挙げ句、最後にここに来たため途中でバッテリー切れのゲームオーバー。無念のリタイアとなってしまった…


inari.jp




f:id:umejiru:20210110092738j:plain
夜の神社なんてね、普通の人は初詣丑の刻参りくらいでしか行くことはないだろう。


f:id:umejiru:20210110093533j:plain
f:id:umejiru:20210110093613j:plain
f:id:umejiru:20210110093641j:plainf:id:umejiru:20210110093714j:plain
f:id:umejiru:20210110093752j:plain
誰もいないと夜の神社なんてのは怖いものだが、人がいると怖くない。まばらにいるくらいがちょうどいい。赤い社殿のライトアップは幻想的で、まるで異空間にいる気分だ。


f:id:umejiru:20210110094208j:plain
最初はでっかい鳥居をくぐっていく


f:id:umejiru:20210110094406j:plain
まだここは開放感がある


f:id:umejiru:20210110094539j:plain
灯りがオシャレだ


f:id:umejiru:20210110094620j:plain
まさに異空間へと続く回廊のようだ


f:id:umejiru:20210110094721j:plain
分れ道。上りは右、下りは左の一方通行みたい


f:id:umejiru:20210110094932j:plain
何が潜んでいるか分かりゃしない


f:id:umejiru:20210110095030j:plain
鳥居の密度高過ぎ!


f:id:umejiru:20210110095159j:plain
艶がなんかエロい


f:id:umejiru:20210110095423j:plain
こんな感じで延々と続いている

ここで痛恨のバッテリー切れ。写真が目的で行くと、カメラが使えなくなってしまうともうそこにいる意味さえ失ってしまう。初詣してそそくさと退散した。
ちなみにここの鳥居に書かれている個人名や会社名は「鳥居奉納」という形で受け付けている。初穂料は場所や鳥居の大きさによって異なるが、安くても20万円以上、でっかいのだと160万円以上するようだ。これを高いと思うか安いと思うか、お金の問題じゃないと思うか、それは人それぞれだろう。
ここに来たからには絶対歩いて欲しい千本鳥居。まぁほとんどの人はここ目当てだろうけど。インスタ映えしまくるもんな。とにかく圧巻のひと言。空いている&ライトアップで幻想的、これを狙うならお正月の夜がお薦めだ。



パワスポ度★★★☆☆
異空間度★★★★★
鳥居でお腹一杯度★★★★★
疲れる度★★★★★

【岐阜県輪之内町】乙姫公園

かの有名なお千代保稲荷の近くに、ひっそりと、でも強烈なインパクトのある公園がある。あの浦島太郎でお馴染みの『乙姫公園』。稲荷神社が併設されているこぢんまりとした公園だ。川沿いに走る桜並木の道はガードレールのないカーブ連続の道路のため、ドライバーは運転に集中するため、意外と見落としてしまいがち。しかしこれを見落としてしまっては勿体ないというもの。


town.wanouchi.gifu.jp





f:id:umejiru:20210104132726j:plain
このテキトーさがB級感を高める


f:id:umejiru:20210104132930j:plain
海ではなく池にいるわけだが


f:id:umejiru:20210104133136j:plain
でかくて派手で


f:id:umejiru:20210104133328j:plain
存在感パねぇ


f:id:umejiru:20210104133513j:plain
B級感パねぇ


f:id:umejiru:20210104133603j:plain
ボクの知ってる乙姫様じゃない


f:id:umejiru:20210104133710j:plain
もう少しさぁ、


f:id:umejiru:20210104133737j:plain
いや、みなまで言うまい


f:id:umejiru:20210104133828j:plain
位置関係はこんな感じ。見つめ合ってるのか一触即発なのか…


f:id:umejiru:20210104133945j:plain
そんでコイツの後ろにいるのが


f:id:umejiru:20210104134024j:plain
鶴?のような巨大な鳥?


f:id:umejiru:20210104134139j:plain
こちらではなぜかパンダみたいなんと、


f:id:umejiru:20210104134248j:plain
鼻血を流した馬みてぇのが、


f:id:umejiru:20210104134336j:plain
一触即発


f:id:umejiru:20210104134416j:plain
白馬が3体いる


f:id:umejiru:20210104134526j:plain
細かいとこにもこだわるよ!


f:id:umejiru:20210104134619j:plain
f:id:umejiru:20210104134638j:plain
狐は2体とも邪悪そのもの


f:id:umejiru:20210104134751j:plain
干からびて放置された手水舍


f:id:umejiru:20210104134858j:plain
鳥居は立派だが、


f:id:umejiru:20210104134926j:plain
すぐ横に鳥居の死骸


f:id:umejiru:20210104135103j:plain
苔むして判りづらいが、おそらく昇り竜


f:id:umejiru:20210104135202j:plain
いやマジで誰かここメンテしなさいよ


f:id:umejiru:20210104135308j:plain
分かってんなら直すとか金網付けるとかさぁ…


f:id:umejiru:20210104135446j:plain
ペンキも剥がれるに任せたままだ


f:id:umejiru:20210104135742j:plain
本殿はわりときれい


f:id:umejiru:20210104140024j:plain
f:id:umejiru:20210104140041j:plain
画期的なシステムだ




とまぁ、ツッコミどころ満載の、荒れ果てたカオスな公園だ。しかし、この溢れんばかりのB級感が魅力でもある。もっと可愛くしようだとか、キレイにしようだとか、そんなんしたら珍スポットじゃなくなってしまう。まさに『こういうのでいいんだよ』と言える珍スポットだった。
稲荷神社は荒れるに任せたままだが、コンクリート像は定期的に塗り直しをしているのか、鮮やかに発色していた。どうやらすぐ隣にある会社が作成、管理をしているようだ。ちなみに乙姫様の高さは11メートルで世界一だとか、ギネス申請中だとか。いや誰も競わんだろ。
おちょぼさんに行ったついでや、桜の時期にサイクリングを兼ねてとか、近くに行った際は是非立ち寄ってみて戴きたい。個人的にはわざわざ高速飛ばして行って良かったと思える素晴らしい珍スポットだった。でも決して「うわぶっさ!!」とか言ったらあかんで。そんなん誰でも思ってるんだから。



それでは最後にもう一度


f:id:umejiru:20210104141911j:plain
f:id:umejiru:20210104141928j:plain
うわぶっさ!!




珍スポ度★★★★☆
不細工度★★★★★
荒廃度★★★★☆
インパク度★★★★★

【岐阜県羽島市】中観音堂

円空という人物をご存知だろうか?

円空(えんくう、寛永9年(1632年) - 元禄8年7月15日(1695年8月24日))は、江戸時代前期の修験僧(廻国僧)[1]・仏師・歌人。特に、各地に「円空仏」と呼ばれる独特の作風を持った木彫りの仏像を残したことで知られている[1]。んやで。

円空は一説に生涯に約12万体の仏像を彫ったと推定され、現在までに約5,300体以上の像が発見されている。円空仏は全国に所在し、北は北海道・青森、南は三重県奈良県までおよぶ。多くは寺社、個人所蔵がほとんどである。その中でも、岐阜県、愛知県をはじめとする各地には、円空の作品と伝えられる木彫りの仏像が数多く残されている。んや。

そんな円空さんの作品を最も堪能出来るのがここ、生まれ故郷とも言われている羽島市にある中観音堂
荒々しく自由な作風でありながらも、どこか温もりを感じる作品をご紹介したい。


hashimakanko.jp





f:id:umejiru:20210103205020j:plain


f:id:umejiru:20210103203138j:plain
狭い敷地ながらも


f:id:umejiru:20210103203241j:plain
こんな木像たちが


f:id:umejiru:20210103203312j:plain
ずらりと


f:id:umejiru:20210103203338j:plain
並べられている


f:id:umejiru:20210103203406j:plain
どれもとても


f:id:umejiru:20210103203453j:plain
個性的な


f:id:umejiru:20210103203552j:plain
作品なので


f:id:umejiru:20210103203642j:plain
見ていて面白い


f:id:umejiru:20210103203841j:plain
なぜか英語


f:id:umejiru:20210103203951j:plain
大胆な彫り方と迫力に


f:id:umejiru:20210103204053j:plain
圧倒される


f:id:umejiru:20210103204211j:plain
こんなものまで


f:id:umejiru:20210103204234j:plain
残されている


f:id:umejiru:20210103204309j:plain
!?


f:id:umejiru:20210103204349j:plain
本人の像らしきものは小屋の中に幽閉されている。覗いた時ちょっとギョッとした!


f:id:umejiru:20210103204603j:plain
机と椅子が置かれているので、ここで円空さんについて語り合うことが出来るね


f:id:umejiru:20210103204811j:plain
資料館がメイン?残念ながら閉まっていた


f:id:umejiru:20210103204918j:plain
研修室まであるが、何の研修に使うのだろう





岐阜羽島インターから降りてすぐ、田んぼに囲まれた住宅地の中にある中観音堂。道中にも道路の路肩に作品が道しるべのように等間隔で設置されているので、迷わずたどり着けるね!
こはちょっと個性的な木像パラダイスでした。



珍スポ度★★★☆☆
木像だらけ度★★★★★
人いない度★★★★★
デートお薦め度☆☆☆☆☆

初めての雑談

お題「好きなシリーズもの」


どーも、うめぢるです。
新年明けましておめでとごじます。
去年はほとんどブログ更新をしませんでしたが、それはやはりコロナ感染リスクを考えまして、無駄な外出を控えていたためです。おうち時間を満喫していたらすっかりだらけ癖が身に付いてしまいましてね、カメラもバンドのMV撮影や動画製作にしか使わなくなってまして。ある意味珍スポット行くよりは全うなカメラの使い道とも言えますが…
あ、それでですね、最近またネタが溜まってきたのもあって更新するようにしました。の、ついでで雑談でもと思いまして。
今まで存在すら知らなかった使ったことのなかった、お題機能を使ってみようかと思います。
『好きなシリーズもの』ということで。
そうですね、それよりもまずはなぜブログを始めたのかということを一方的に話しますね。

そもそもブログは大昔にFC2ブログをやっておりました。そこではバンド活動の報告を中心に語っておりまして。まぁそのバンドはとっくに解散したんですけど。せっかく撮った写真をアウトプット出来る場所が欲しかったからです。単焦点レンズを使って、オシャレな被写体をベストな構図でオシャレに撮る。珍スポットのふざけた被写体もオシャレに撮ってみせる。それを目標に掲げてやっております。あ、先程からバンドというキーワードが出ておりますが、そうですね、それよりもまずはうめぢる何者なのかという自己紹介から話すべきですね。

私うめぢるは愛知県在住のしがない会社員です。
【趣味】
趣味は多彩で、
・バンド…作詞作曲のために楽器演奏を少々。本業はドラマーだ。
・カメラNikonのD3400が愛用機。それしか持ってねぇけど。好む被写体はこのブログにカテゴリー分けしてある通り。人物や動くものは苦手。
・キャンプ…グルキャンかソロキャン。好きなブランドは特になし。使い勝手の良さとコスパでギアを揃える。オシャレさは何一つ求めていない。
・一人旅…意味なく深夜のドライブで山奥に迷い混むのが好き。色んなしがらみを忘れたい時に。
・温泉…山の温泉が好き。ぬるっとした炭酸水素塩泉を好む。源泉かけ流しという言葉が大好物。
・珍スポット巡り…言わずもがな
・マンガ…のちほど掘り下げます
・ネットサーフィン…情報収集を主に。撮影スポット情報からなんjまで幅広く。
・野球中日ドラゴンズの熱狂的大ファンだ。
・オカルト…怖い話、心霊写真、心霊動画、都市伝説、土着信仰などに興味津々。昔、東海3県の心霊スポットを完全制覇したほど。ほんとにあった!呪いのビデオシリーズの大ファンでもある。

などなど。もうやってない趣味を入れたらもっとすごい数に。

【特技】
ドラムツッコミ

【好きなマンガ】
・るみちゃんの事象…とにかく怒涛のボケに圧倒される。どこまでも自由なるみちゃんのように生きたかったものだ。
・魁!クロマティ高校…昔のマンガだが、今読んでもあのシュールな笑いは色褪せない。
・キングダム…バイブル。連載1回目からリアルタイムで読んでて全巻揃えている熱烈ファン。

→まだまだたっくさんあるけど、基本的にギャグマンガが大好物なんだね!

【好きなアニメ】
チャージマン研!。アレこそがアニメ界の珍スポットだ。

【好きな芸人】
コウメ太夫。彼こそがお笑い界の珍スポットだ。

【好きなバンド】
たま。彼らこそが音楽界の珍スポットだ。

【好きなテレビ】
水曜どうでしょう藩士だ。いつかたっぷりここで語りたい。
・ガキ使…笑ってはいけない以外のレギュラー放送に限る。好きな企画は七変化、ききシリーズ、これやってみたかってん。
空耳アワータモリ倶楽部というよりも、空耳アワーの大ファンだ。名作多すぎ。

【好きなゲーム】
MOTHERシリーズの大ファン。あんまゲームはやんないんだけど。でもゲーム実況は好きでよく観てる。




あと何だ?AB型、声フェチ。そんなもんか。


なんつーか、要するに『面白いものが大好き』ってことですね。笑うのが大好きだしよく笑う人も大好きです。また、側面のひとつとして、『変なモノが大好き』ってのもあります。珍スポットやチャー研や彼岸島のように笑いを狙っていないのに笑えるモノが好き。その反面、怖いものが異常に好き。音楽もジャズとヒーリングミュージック、ゴリッゴリのラウドロックグラインドコアを好みます。両極端なんですね私は。これ書いてて気付きました。
『変なモノずき』という趣向は、なかなか周りに理解されない。それ故に孤独を生む。そればかりか変なヤツという印象を与えるのだ。語り合える仲間がいないというのは淋しいものだ…







…なんの話でしたっけ?

【愛知県江南市】布袋大仏

珍スポットを一人で回る。大晦日に。連休の過ごし方として間違っていないだろうか。
今回は前から気になっていた愛知の有名な珍スポット、布袋の大仏さんを見に行った。
雪のちらつく寒い日にね。



f:id:umejiru:20201231190651j:plain
個人でつくった系はだいたいお告げな気がする


f:id:umejiru:20201231190826j:plain
全体像


f:id:umejiru:20201231190909j:plain
正しくは御嶽薬師尊と言うらしい


f:id:umejiru:20201231191029j:plain
雪のせいで泣いてるみたいになってしもた


f:id:umejiru:20201231191118j:plain
雨雪の日は『号泣大仏』に早変り!


f:id:umejiru:20201231191214j:plain
離れて見てもこの存在感よ


f:id:umejiru:20201231191715j:plain
これを撮りに来た


f:id:umejiru:20201231191746j:plain
サングラス大仏


f:id:umejiru:20201231191811j:plain
電車来ると目が光る


f:id:umejiru:20201231191918j:plain
市をあげて猛プッシュだもん


f:id:umejiru:20201231192011j:plain
賽銭箱でかすぎてやらしいわ


f:id:umejiru:20201231192108j:plain
う…美しく?


f:id:umejiru:20201231192228j:plain
台座の下に大佛治療院なるものが…!!


f:id:umejiru:20201231192410j:plain
緑の丸印ら辺、お墓があるんだけどその辺りがサングラス大仏ショットを狙える、ビューポイントだ。イカすぜちょいワル大仏。これに最初に気付いた人は偉い。しゃがんでドンピシャだった辺り、視線的に子供が発見したのかもしれない。
この大仏さんは、なんでしょうね、なんか不細工なんですよね。見守ってくれてなさそうな苦虫噛み潰したような表情、さらにバランスがなんかおかしい。筆者には、大仏のような何かに見える。触った感じ、意外とハリボテ感はなく、コンクリートでしっかり造られていた。けっこうヒビ入ってたけど。連結した治療院もやってんのかやってないのんかよく分からなかった。珍スポになるべくして造られたような大仏さんでした。個人的にはちょっと好き。


珍スポ度★★★☆☆
大仏度★☆☆☆☆
存在感★★★★★
ちょいワル度★★★★★

【愛知県小牧市】間々観音

エロ珍スポット、最後を飾るのは小牧市の住宅地にこぢんまりと存在する間々観音
日本唯一の「お乳のお寺」「おっぱい寺」と言われている。『間々乳観音』とも呼ばれ、正式な寺号は「龍音寺」(りゅうおんじ)で、授乳の願いから、おっぱいの発育、心の成長、子供の成育、安産、縁結び、開運、厄除け…と、乳に関することはいうまでもなく、乳以外にもご利益がおっぱい…いや、いっぱい。


mamakannon.wixsite.com







f:id:umejiru:20201229220452j:plain
f:id:umejiru:20201229220532j:plain
f:id:umejiru:20201229220603j:plain
芸が細かい。おっぱいへの情熱を感じる。


f:id:umejiru:20201229220654j:plain
f:id:umejiru:20201229220710j:plain
なんかもう、ピンクいのが風俗店みたいだぞ。


f:id:umejiru:20201229220906j:plain
f:id:umejiru:20201229220932j:plain
不心得者がいるようだ。おっぱいへの冒涜と見なす


f:id:umejiru:20201229221142j:plain
f:id:umejiru:20201229221208j:plain
f:id:umejiru:20201229221242j:plain
近づくとセンサーが反応して乳首から水がちょろちょろ出てくるナイスな仕組み。おっぱい万歳


f:id:umejiru:20201229221536j:plain
香炉にもおっぱい


f:id:umejiru:20201229221641j:plain
こんな子守唄あるんだね


f:id:umejiru:20201229221712j:plain
観光、インスタ蝿に力入れてるのか?


f:id:umejiru:20201229221757j:plain
絵馬がお…いっぱい


f:id:umejiru:20201229221833j:plain
f:id:umejiru:20201229221847j:plain
おっぱいがいっぱい



あまりにも熱いおっぱい推し。いくら由緒正しき謂れがあろうとも少しやり過ぎ感が否めないような…
やたらピンクを使ってるせいでエロさが出てしまっているからこりゃあ珍スポ認定ですね。
そしてここでも珍スポあるある、誰も居なかった。おっぱいずきなら恥ずかしがらずに足を運ぶべし。


珍スポ度★★★★☆
ピンク度★★★☆☆
エロ度★★★☆☆
おっぱい度★★★★★

【愛知県小牧市】田縣神社

愛知のエロ珍スポ、こことあそことあれを回っていく企画第2弾、今回は小牧にある田縣神社という所だ。由緒正しき神社だ。
色んな珍スポットを回って来たが、ある意味ここが本当のチンスポットと言えよう。
大縣神社は女性のシンボルを祀っていたが、ここは男性のシンボルを祀っている。「子孫繁栄」「五穀豊穣」のご利益があり、商売繁盛や、良縁、子宝・安産祈願などに訪れる人も多い。たくさんの木彫りの男茎が納められた奥宮。境内には、男性のシンボルの形をした石や岩なども点在している。
まぁ平たく言えばチ〇コがいっぱい御神体がチ〇コなんだもん。



www.tagatajinja.com






f:id:umejiru:20201229213140j:plain
由緒正しき神社


f:id:umejiru:20201229213233j:plain
由緒正しき神社


f:id:umejiru:20201229213311j:plain
初詣の準備を進めていた




ここからは一気にご覧頂こう
f:id:umejiru:20201229213439j:plain
f:id:umejiru:20201229213543j:plain
f:id:umejiru:20201229213607j:plain
f:id:umejiru:20201229213639j:plain
f:id:umejiru:20201229213714j:plain
f:id:umejiru:20201229213747j:plain
f:id:umejiru:20201229213803j:plain
f:id:umejiru:20201229213843j:plain
f:id:umejiru:20201229213918j:plain
f:id:umejiru:20201229213950j:plain
f:id:umejiru:20201229214046j:plain
f:id:umejiru:20201229214128j:plain





うーん…立派。参った。神社だけに。
カ〇もリアルだし反り方も、チ〇コの先の割れ目もきちんと再現されている。いやぁ、こりゃすごい。それほど広くもない境内に至る所に。チ〇コだらけだ。こりゃまさにチンスポットだ。
寺院系の珍スポットにお邪魔した時は必ずお賽銭入れてしっかり撮影のお礼を兼ねてお祈りするようにしているのだが、この場合何をお祈りすればいいのか分からなかった。あやかりたいほど立派なマ〇なので、とりあえずあやかっておいた。
繰り返しますが、ここは由緒正しき神社です。チンスポだけど。


チンスポ度★★★★★
珍スポ度☆☆☆☆☆
立派度★★★★★
ディテール度★★★★★